ビーグレンで肌が荒れるのはなぜ?

サイエンスコスメで人気のビーグレン。効果を期待して使ってみたけど、赤くなったり吹き出物がでたり美肌になるどころか、逆に肌が荒れてしまった人も少なからずいます。その原因を考えてみました。
MENU

ビーグレンで肌が荒れて赤くなってしまうのはどうして?

 

ビーグレンはサイエンスコスメとしてとても浸透力が高く、さまざまな悩みに対して効果を実感しやすくなっています。

 

しかし、
実際に使ってみると自分の肌が赤くなったり、かゆくなったり・・・

 

せっかく綺麗なは肌が手にはいると思って期待して使ったのにがっかり。

 

なんて話はよく聞きますよね。

 

 

ここで、すぐに、ビーグレンがイマイチ!
という結論にしてしまうのはちょっと待ってください。

 

肌が赤くなる場合は、自分の肌の状態をもう一度見直して見てください。

 

使う前から肌は、敏感肌に傾いていたりすると
いつもと違うスキンケアを使うと赤みとなって肌が反応してしまうことがあります。

 

なので、敏感肌用のスキンケアに変えて、
肌が落ち着くのをまってください。

 

元気な肌になってから、再度ビーグレンを試してみましょう。

 

肌を元気な状態にするには、
保湿が大切。

 

あと、過度なスキンケアもやめましょう。

 

摩擦も乾燥の原因なので極力肌を触らないように、やさしくケアしてください。

 

こうすることで肌本来の力が回復してくることでしょう。

 

個人的におすすめなのはライスフォースです。

 

肌にやさしく、保湿効果が高いので敏感肌を沈めるのにおすすめです。

 

ライスフォースに関してはこちらから

 



 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ